ルーキー醤油の育成グラウンド

みなさんから寄せられた新しい醤油のアイデアを、熱血コーチがスカウトして育成します。

燃えよ!炎の育成グラウンド
育成担当コーチ ショウニーニョ山田

醤油界のヒット請負人。
プレーヤーの潜在能力を見出して期待のルーキー醤油へと育て上げるカリスマ。

新しい醤油のアイデア

枝豆に合うスパイスパウダー醤油

間もなく12月。忘年会シーズンがやってきますね。
育成グラウンドのメンバーは一足お先に一杯やっているようです。


ス:お疲れさまでしたー!カンパーイ!!
シ:カンパーイ!!
ス:くー!!仕事の後の一杯は格別ですねー!!(最近はコーチにビシバシしごかれてるから余計に…)
シ:ウム、特にこの枝豆とのコンビネーションは最高ダナ!
ス:あれ、そう言えば枝豆って海外でも食べるんですか?
シ:ああ、日本食ブームの影響で、欧米でもここ最近大手スーパーで買えるくらいに浸透しているゾ。日本食の中で特に人気のあるメニューの一つダ!
ス:へー!面白いですね!枝豆を日本食っていう風に意識した事なかったですけど…
あれ?どうしたんですか?そんなにじっと枝豆見つめたりして…
シ:…ワタシは来日後いろんな居酒屋を転々としたが、塩味以外見たことがナイ…
ス:確かに言われてみれば…フライドポテトはいろんな味があるけど、枝豆って塩味だけですね…
シ:…ヨシ!決めタ!今回は枝豆を攻めるぞ!お前たち、30分後にグラウンド集合ダ!!
ス:えええ!?今からですか!!?
シ:こういうのを「思い立ったが吉日」と言うんダロウ!行くゾ!!
ス:ちょっ…コーチーーー!!

というわけで飲み会を中断し、育成グラウンドに戻ってきた一同。

ス:ううう…まだお通ししか食べてないのに…
シ:つべこべ言うな!これもスター醤油を育てるためダ!「パウダー醤油」くんを連れてコイ!

そういうとコーチはポケットからハーブやら香辛料やらをいっぱい取り出しました。

シ:黒コショウとコレとアレと…を彼に渡せ。まちがいなく、ビールに合う枝豆ができるはずダ!

スタッフが「パウダー醤油」くんと特訓を重ねている間、コーチは何やら調理をしています。

シ:どうダ、特訓の成果を見せてミロ!
ス:はい!なかなか自信作ができました、コーチ!!名付けて「枝豆に合うスパイシーパウダー醤油」くんです!

ドヤ顔でルーキー候補を差しだすスタッフ一同。



シ:うむ…!これは良いナ!香ばしい醤油のと黒コショウ&ガーリックのコンビネーションプレー!ビールが何杯でもいけそうダ!
ス:あ、ありがとうございます!
シ:他のビールのつまみにも合うのではないかと用意してみたから、試してみろ!

コーチが取り出したのはフライドチキンにフライドポテト。

ス:この組み合わせは間違いないですね…!ここにビールがないのが悔やまれます…!!
シ:ビールならあるゾ!ここに!
ス:ええっ!?いつの間に!?
シ:お前たち、よくやっているからナ!お前たちが特訓している間に買出ししておいタ。
ス:コーチ…!!(うるうる)
シ:サア、宴会の続きをするゾ!!
ス:かんぱーい!!

という訳で、宴会は夜通し行なわれたのでした…